よりエレポップの強調された90年代ロックの金字塔『Achtung Baby / アクトン・ベイビー』。テクノロジー、エレクトロニック/ダンス・ミュージックを取り入れた新しいU2サウンドで全英1位、全米1位/グラミー賞最優秀ロック・グループ受賞!

 ・ amazon : アクトン・ベイビー / U2

★20年前にBonoは”Achtung Baby “を「4人の男で”The Joshua Tree”切り倒したサウンド」と表現した。
作品は全英1位、全米1位/グラミー賞最優秀ロック・グループ受賞。
時代を象徴するアルバムとしてロック史に燦然と輝いている。

 ・ Achtung Baby / U2 / amazon

 ・ apple music : U2 : Achtung Baby / アクトン・ベイビー (1991)

 ・ Google Play Music : U2 : Achtung Baby / アクトン・ベイビー

 ・ Spotify : U2 : Achtung Baby / アクトン・ベイビー

“I’m ready / Ready for what’s next,” Bono announces at the outset of Achtung Baby, the album that proved the so-called “band of the ’80s” was capable of blazing into the ’90s by replacing its flag-waving arena-rock stance with screaming synths, clubby rhythms, and industrial skronk. The group advances its sound without losing accessibility on “Who’s Gonna Ride Your Wild Horses,” “Even Better Than the Real Thing,” and “Mysterious Ways,” while pushing the envelope a bit more on “The Fly,” “Zoo Station,” and “Acrobat.” The moody ballad “One” is arguably the finest song the band has produced, full of sorrow, compassion, and hope all at the same time. –Daniel Durchholz