Sonic Youth / ソニック・ユース

Sonic Youth / ソニック・ユース
Biography

ソニック・ユース は、1981年に結成された、ニューヨーク出身のバンド。 1980年代以降におけるアメリカのインディーシーンにおいて、ノイズパンクの雄として君臨。後のグランジ、オルタナティヴ・ロックムーヴメントへ大きな影響を与え、自身らも満を持してメジャーへと移行。

 ・ Spotify : Sonic Youth / ソニック・ユース

ソニック・ユース (Sonic Youth) の活躍

現代音楽家グレン・ブランカのもとで出会ったサーストン・ムーア(g,vo)とリー・ラナウド(g,vo)がムーアの彼女キム・ゴードン(b,vo)らを誘って、1981年に結成し、1982年にデビュー。1985年にスティーヴ・シェリーが加入し、ドラマーが固定。
ニューヨーク地下ロックの流れを汲むノイジーでアバンギャルドなギター主体のサウンドは、地元やヨーロッパでまず注目され、
1988年の「デイドリーム・ネイション」で全米での評価を確立。
メジャー移籍後も、インディ精神を失わず、「GOO」等の名作を発表。
その後も1997年のSYRレーベル設立や、2000年のジム・オルーク参加(2005年離脱)といった話題を提供しつつ、ロックシーンに異彩を放つ。
2009年には「ジ・エターナル」を発表。

ソニック・ユース (Sonic Youth) のスタジオアルバム

Amazon.co.jp の Sonic Youth のページ